burari@yachimata

ニュース

【久々の開催決定!】やちまた駅北口いち 2021/12/12(日)

あのイベントが帰ってきた!毎月第二日曜日に定期開催されてきた「八街駅北口いち」。新型コロナウイルスの影響で1年10カ月にわたり開催中止となっていた。しかし、2021年年末最後についに開催されるぞ!
ニュース

【クルマdeピアノプロジェクト】クラウドファンディングにチャレンジすることになりました!

同じ八街市内で活動する「やちまた音楽部」の企画を、我々、一般社団法人ごちゃまぜが運営をすることになりました! その名も「クルマdeピアノプロジェクト」! この度クラウドファンディング(CAMPFIRE)に挑戦中です! ...
観光

【八街市文化財】今は面影無き砂(すな)じゃなく、砂(いさご)の水車

八街市川上地区にある読めない場所、砂(いさご)。ここには昭和初期に農業利用の他に、近隣へと電力郷愁をしていた水車があったという。 今でも陸の孤島と化しているこの地区にあった水車とは一体どのようなものだったのであろうか。 今回その場所に突撃してみた。
観光

【八街市文化財】一人の少女の悲しみ残る場所、こえっぱの弁天

千葉県八街市文違地区に、一人の少女の悲しさが伝えられる場所があるという。 そこは佐倉市を流れ印旛沼へとつながる、高崎川の源流である池。現在は冠水防止の為の調整池となっている。 いったいどんなことがあった場所なのだろうか?
観光

【八街市文化財】陣場、そこは戦国時代の合戦場だった。

時は1582年(天正10年)といえば、1467年から120年続く、戦国時代の末期。 そしてこの年はある歴史的な出来事で有名だ。 そう「本能寺の変」である。 織田信長の家臣である明智光秀が突如謀反を起こし、襲撃した事件の事...
観光

【八街市文化財】江戸時代初期に起きた、「六ッ塚」の悲劇

八街市文違地区に、悲しき伝説が残る場所に建てられた石碑があるという。 舞台は江戸時代初期、まだ戦国時代からの名残で治安が悪く、浪人の辻斬りなどがあったときまでさかのぼる。 一体この場所でどんな悲しい話があったというのだろうか?
観光

【八街市文化財】旧石器時代を物語る、元駒場遺跡とは

酒々井プレミアムアウトレット近く、八街市のはずれに旧石器時代の遺跡があるという。 関東ローム層に覆われた遺跡とは一体どのような所なのだろうか? 今から1万年以上前の時代の生活がどのようなものだったのか、一緒に調べてみよう。
観光

【八街に4世紀の名残が?】かわらめき古墳を調査してみた!

八街市榎戸に4~5世紀につくられた3つの古墳があるという。 古墳は当時の人のお墓だが、その規模はその人の権力を表すものでした。 さて、この八街市の古墳「かわらめき古墳」とは一体どのようなものなのでしょうか?
観光

【八街市文化財】ちょっとへそ曲がりの神様?北向きの道祖神とは?

千葉県八街市榎戸(えのきど)に、ちょっとへそ曲がりの神様が祀られているという。 通常の神様とは何が違うのか調査してきたぞ。 歴史や神社などに興味がある方は是非一度訪問してみたらどうだろうか?
観光

【八街市文化財】明治・大正時代努力の結晶「七十二町歩開墾成功碑」

八街開墾の歴史。今から約100年以上も前までさかのぼる。 それまで手入れをされていなかった土地は固く、開墾には困難を極めた。 そんな厳しい状況でもあきらめず、広大な土地に挑んだ人々の歴史が詰まった石碑がある。
タイトルとURLをコピーしました